早稲田大学 テニュアトラック普及・定着事業

事業の概要と実施体制

早稲田大学は、平成25年度の科学技術人材育成費補助事業「テニュアトラック普及・定着事業」(文部科学省)の採択を受け、若手研究者が自立して研究できる環境の整備を促進するため、テニュアトラック制を実施しています。
本事業は、大学本部、実施学術院、高等研究所の三位一体の形でテニュアトラック制度を推進するものです。
本部には、「テニュアトラック制度・審査検証委員会」を設置し、全学的なテニュアトラック制度ならびに審査手続き検証の役割を担います。各学術院には、学術院テニュアトラック委員会を設置し、テニュアトラックを主体的に実施します。
高等研究所は、各学術院に育成の場を提供します。尚、高等研究所は、平成24年度以前に採用したテニュアトラック教員がテニュアトラックを終了するまでは、移行期間としてこれらの教員の評価の役割も担います。

事業の目的

透明性の高い人事制度の下に優秀な若手人材を採用し、異分野交流を奨励しながら、独立した研究・教育環境のなかで適切な指導を行うことによって、本学テニュアトラック制度の目標とする「独創性ある先端研究を牽引できる教員」、「社会のニーズに的確に貢献できる教員」、「世界で活躍する人材を育成できる教員」の条件を満たす、世界レベルの人材を育成することを目指します。
また、教育活動や研究指導も教員の重要な責務として位置づけ、研究及び教育の両面における資質を備えた教員の育成を目指しています。

透明性の高い人事

テニュアトラック教員の採用審査・中間評価・テニュア審査に、複数の学外有識者、テニュアトラック教員を採用した学術院以外の学術院の教員が加わります。

また、公正なプロセスで評価・審査が実施されているか、全学的な組織として設置される「テニュアトラック制度・審査検証委員会」において検証を受けます。

検証結果のフィードバック受け、採用人事・評価の方式を改善することで、より公正で透明性の高いテニュアトラック制度に発展させます。

テニュア審査基準の明示

テニュアトラック教員としての採用時に、個別にテニュアトラック期間における具体的な課題を課し、この課題が十分にクリアできた場合には採用することと致します。

不明確な評価によりテニュア採用が見送られる可能性を排除し、結果としてテニュアとしての採用率を約80%とすることを目標とします。

テニュア採用時の審査基準PDF document

異分野交流の奨励(高等研究所における若手育成システムの活用)

テニュアトラック教員が、幅広い視野を持つことができるよう、高等研究所を利用した異分野若手研究者間の交流を奨励します。

高等研究所では、全分野の研究所所属研究員が出席して行う月例研究会や、分野横断的な研究プロジェクトのセミナーやシンポジウムをコロキウムとして実施しています。本プログラムのテニュアトラック教員にはこのコロキウムへの参加を義務付けます。

また、アウトリーチ活動実践の場の一つとして、テニュアトラック教員がコーディネータとなり、各専門分野の講師を招聘する、公開セミナーの開催も義務付けます。

独立して研究に集中できる環境の整備

テニュアトラック教員には独立した研究・執務スペース及びスタートアップ資金が提供されます。(理工学術院)

育成型制度の採用

学術院テニュアトラック委員会のもとにメンターをおき、テニュアトラック委員会とメンターが共同でテニュアトラック教員の指導にあたります。

メンターは、随時テニュアトラック教員を指導します。授業、大学院生指導には同席し適宜助言します。学術院テニュアトラック委員会は年に1回ヒアリングを行なってテニュアトラック教員の状況、メンターの指導の適切性を検証致します。

また、年1回テニュアトラック教員によるシンポジウムを開催します。ここでは、学術院教員が学科の枠を超えて指導的立場で議論を行うことを想定しています。

中間評価・テニュア審査

中間評価は3年度目に実施します。本学のテニュアトラック制度は、3年度目の中間評価の際に顕著な業績を上げている場合には、早期にテニュアポストに移行することを可能としているため、中間評価とテニュア審査は基本的に同じ評価方法・体制とします。

中間評価において、今後テニュア採用に必要な審査基準を満たす可能性が低いと判断された場合は、その評価を通知し、テニュアトラック教員が、その後2年間に多様なキャリアパスを検討することができるよう配慮します。

テニュア審査は5年度目の早い時期までに実施します。テニュアポストを獲得できなかった者は、採用時与えられた条件と、それが十分に満たされたとする客観的データを添えて、テニュアトラック制度・審査検証委員会に不服審査手続きをとることができます。
なお、評価、審査においては、テニュアトラック教員の現在及び過去の指導教員やメンターを審査の全過程から除外します。

テニュアポストの雇用形態は、任期の定めのない専任の准教授あるいは教授とします。
専任の准教授あるいは教授として、自立した研究主宰者(PI)にふさわしい研究環境が提供されます。

ページトップへ戻る